お肌の診断 公式ライン
(03) 6811-7148 WEB予約 お問い合わせ 施術ご検討中の未成年の方へ

LOWER EYELID下まぶたのクマ取り(経結膜脱脂)

クマ取り(経結膜脱脂)について

下まぶたのたるみ・クマが気になっている方には、クマ取り(経結膜脱脂)の手術によって、皮膚に一切傷をつけることなく、たるみ・クマを改善することができます。下まぶたにたるみ・クマなどがありますとその部分が影になり、しわと同様、周りに疲れている印象や老化した印象を与えやすくなってしまいます。

クマ取り

たるみ・クマの原因

たるみ・クマの原因として挙げられるのが、下まぶたの眼窩脂肪の脱出です。下まぶたにある脂肪は隔膜という膜に覆われているのですが、年齢とともに、紫外線などによってこの膜が緩み、脂肪がぽっこりと飛び出してきてしまします。

この状態が「下まぶたのたるみ・クマ」として出てくるのです。

手術について

目の下のクマ取り(経結膜脱脂)の手術では、あっかんべをした時に見える、下まぶたの結膜の部分を切って、ぽっこりと出ている脂肪を必要な分だけ摘出することで、下まぶたのたるみ・クマを改善し若返った印象にすることができます。

皮膚切開をすることなく手軽に行える手術ですので、抜糸もする必要はございません。
当院では術後経過を見させていただくため、術後1週間・1か月・3か月・6か月後の受診をお勧めしております。

こんな方におすすめ

眼窩脂肪とは? 
~その仕組み・構造~

クマ取り

眼窩脂肪は上まぶたや下まぶたの皮膚および眼輪筋という薄い筋肉の下にある脂肪組織です。眼窩隔膜という膜に覆われており、上まぶたから下まぶたまで連なっています。

下まぶたでは本来、眼窩隔膜が眼窩脂肪の壁となっているのですが、年齢とともに膜の強度が弱くなり、眼窩脂肪がぷりっと前に出てきてしまいます。この状態が「下まぶたのたるみ・クマ」が出てきている状態です。

下まぶたのクマ取り(経結膜脱脂)術は、この眼窩脂肪を切除する手術ですが、基本的にはしっかりと多めに切除することを心がけます。取り残した場合、癒着などのために再手術が難しい場合がある一方、取りすぎてへこんだ場合は時間とともに少し戻ったり、ヒアルロン酸やエランセなどの注入で平たんにすることができるためです。

下まぶたの眼窩脂肪は隔膜によって3つのパート(内側・中央部・外側)に分かれており、術前にマーキングを行ってそれぞれの箇所をどの程度切除するかよく検討したうえで手術に臨みます。

下まぶたのクマ取り
(経結膜脱脂)手術
手術内容と手順

施術の流れ

クマ取り

ダウンタイムについて

手術から2-3日後がピークであり、むくみや内出血で青くなりやすいです。1週間経ちますと、内出血は吸収され黄色くなり、泣き腫らした程度の腫れが残っている場合が多いです。

術後1週間で外出してもほぼ問題のないレベルに落ち着きます。術後1か月でほぼ腫れはなくなります。術後も定期的に診察させていただくことをお勧めしております。

合併症・リスクなど

目の下のクマ(経結膜脱脂術)治療
料金表

全て税込・麻酔料込の価格となっております。

通常料金

両目 220,000円
片目 121,000円

モニター価格

両目 110,000円
片目 66,000円

オープン記念価格(先着100名)

(モニターとなってくださいますよう、ご了承お願いします)

両目 99,000

CONTACT

治療などのご相談はこちら

お問い合わせ

お電話からのご相談・ご予約はこちら

03-6811-7148

24時間対応オンライン予約はこちら

WEB予約

当院の公式LINEはこちら

LINE無料相談
お茶の水美容形成クリニック

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-2-4
MPR御茶ノ水駅前ビル9階

JR御茶ノ水駅・聖橋改札出口から徒歩1分