お肌の診断 公式ライン
(03) 6811-7148 WEB予約 お問い合わせ 施術ご検討中の未成年の方へ

シミ外来

ニキビ跡やレーザー治療後のくすみでお悩みではありませんか?炎症後色素沈着の治療について。

今回は炎症後色素沈着の治療についてご紹介いたします。

 

炎症後色素沈着とは、紫外線、虫刺され、外傷、かぶれ、ニキビなどの後に生じる一時的なくすみです。

何らかのお肌への炎症によりメラノサイトがメラニンを過剰に産生した状態です。

通常は時間をかけて自然に薄くなります。

 

予防するためには、患部の冷却や抗炎症剤の外用などで、まずは炎症を早く抑えることです。

生じてしまった際には、紫外線への対策、摩擦を避けつつ十分な保湿によるスキンケアなどが大切になってきます。

 

そして当院での炎症後色素沈着の治療はこちらになります。

 

✓内服治療(トラネキサム酸、ビタミンCなど)

✓外用治療(トレチノイン、ハイドロキノンなど)

✓ピコトーニング

✓エレクトロポレーション

✓ピーリング

 

 

こちらは、レーザー治療後に生じた両頬の炎症後色素沈着に対して、治療を行った患者様の経過写真です。

ピコトーニング、トラネキサム酸、そしてトレチノイン・ハイドロキノン外用治療を併用しました。

全体に改善が得られているのがわかります。

お写真の掲載に快くご承諾いただき、どうもありがとうございます。

 

お肌の状態や生活スタイル、ご予算などに合わせて治療を選択します。

治療は1つだけでなく、併用していただくとより効果が出やすいかと思います。

気になる症状がありましたら、ぜひご相談にいらしてください。

 

 

 

御茶ノ水の美容皮膚科・まぶたの治療ならお茶の水美容形成クリニック

日付: 2022年12月11日   カテゴリ:シミ外来, 美容コラム

CONTACT

治療などのご相談はこちら

お問い合わせ

お電話からのご相談・ご予約はこちら

03-6811-7148

24時間対応オンライン予約はこちら

WEB予約

当院の公式LINEはこちら

LINE簡単予約
お茶の水美容形成クリニック

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-2-4
MPR御茶ノ水駅前ビル9階

JR御茶ノ水駅・聖橋改札出口から徒歩1分