お肌の診断 公式ライン
(03) 6811-7148 WEB予約 お問い合わせ 施術ご検討中の未成年の方へ

シミ外来

ボトックス治療。治療したい部位や頻度、ご予算などに合わせて、製剤を選択しましょう。

涼しい季節になり

シワを気にされてボトックス治療を希望される方が増えてきました。

 

 

 

本日は、ボトックス治療で使用する製剤について書かせていただきます。

 

ボトックスという呼び方は商品名からきており

正式にはボツリヌス毒素になります。

 

当院で扱っているボツリヌス毒素製剤について、ご紹介させていただきます。

 

 

 

まずは、ボトックス治療の名称となっている

“ボトックスビスタ”について。

 

 

こちらは、アメリカのアラガン社の製品であり

アメリカのFDA(食品医療薬品局)で認可されています。

 

日本では、元々は眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頸などの治療として

アラガン社のボトックス®が承認されており、

美容領域においては

2009年に65歳未満の成人における眉間の表情皺に対する治療として

ボトックスビスタ®が承認されています。

 

80か国以上で使われており、

効果や安全性が確立されているという点で、安心して使用していただけます。

 

 

 

次に、“ニューロノックス”です。

 

 

韓国のメディエックス社の製品です。

 

アラガン社ボトックスのジェネリック商品に該当します。

 

韓国のKFDA(韓国食品医薬品安全庁)、その他27カ国での販売承認を得ています。

 

日本では未承認品として、10年以上の使用実績があります。

 

ジェネリック製品のため、料金がお手頃というメリットがあります。

 

 

 

最後に、“コアトックス”について。

 

 

こちらも韓国メディエックス社の製品となります。

 

次世代ボツリヌス毒素製剤と言われております。

 

ボトックス治療を続けていますと、

耐性がつき効果が出なくなってしまうことがあります。

 

こちらの製品は、複合タンパク質を含まないため

抗体が産生されにくいという点が最大の利点です。

 

新しい製剤ではありますが、他のボツリヌス製剤と同等の効果があり、

アレルギーや副作用が軽減されているという特徴もあります。

 

 

 

この3種類の製剤の中からどのように選択すれば良いか。

 

ボトックス治療の初心者、何より安心安全に考慮した製剤を使用したい方、

そしてお顔など細かい部分の治療をされる方には、

ボトックスビスタがお勧めです。

 

エラ、肩、多汗症など多めに製剤が必要となる場合に、

コストカットしたい方には、

ニューロノックスが他の製品よりも低価格ということもありますので、

こちらをお勧めしております。

 

また、治療を頻繁に繰り返していたり、今後もしっかりと治療を継続したい、

また1回の使用量が多めの方には、

耐性のつきにくいコアトックスへの切り替えをお勧めしております。

 

 

 

一つの治療でも、

治療部位や頻度、予算などによって製剤を選択していただけます。

 

 

 

次回は、お勧めのボトックス治療について書かせていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

御茶ノ水の美容皮膚科・まぶたの治療ならお茶の水美容形成クリニック

日付: 2021年9月25日   カテゴリ:シミ外来, しわ外来, たるみ外来, 美容コラム

CONTACT

治療などのご相談はこちら

お問い合わせ

お電話からのご相談・ご予約はこちら

03-6811-7148

24時間対応オンライン予約はこちら

WEB予約

当院の公式LINEはこちら

LINE無料相談
お茶の水美容形成クリニック

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-2-4
MPR御茶ノ水駅前ビル9階

JR御茶ノ水駅・聖橋改札出口から徒歩1分