お肌の診断 公式ライン
(03) 6811-7148 WEB予約 お問い合わせ 施術ご検討中の未成年の方へ

シミ外来

”テスリフト”を導入しました!当院の糸リフトの種類について。

当院の糸リフトでは、“ミントリフト2”に加えて、“テスリフト”を新しく導入しました。

 

本日は、2種類の糸についてご紹介いたします。

 

 

 

まず、“ミントリフト”です。

 

 

“ミントリフト”は、PCL(ポリカプロラクトン)とPLLA(ポリ乳酸)という素材の混合となります。

これらはは吸収される期間が長く、優れた柔軟性や強度をもちます、

 

ミントリフトの構造は、糸に対して360度方向にコグと呼ばれるトゲが並んでついています。

挿入された糸は、コグがしっかり皮下組織に絡みついて組織を引き上げ固定するという仕組みです。

 

通常は、頬の外側(こめかみの近く)に左右1か所ずつ孔をあけて糸を挿入します。

1つの孔から複数の糸を挿入できるため、傷が少なく済みます。

 

 

“ミントリフト”は持続期間が1年~1年半と長く、

治療による違和感や引きつれが生じにい、自然な仕上がりが得られます。

また、ダウンタイムを短く希望される方にはこちらをお勧めします。

 

 

 

次に、“テスリフト”です。

 

 

PDO(ポリジオキサノン)という素材で、こちらも吸収されます。

 

ミントリフトと同様に、糸にはコグが並んでついており、組織をしっかり引っ掛けて引き上げて固定します。

 

“テストリフト”は、さらに糸がメッシュで包まれています。

このメッシュ内に、周囲の組織が入り込むため糸と組織の接触面積が増し、より安定したリフトアップが持続可能です。

 

そのため、通常はPDO素材の糸は半年前後で吸収されますが、“テスリフト”は1~2年の持続期間となります。

 

PDOには皮下脂肪の萎縮効果があるため、引き締めや小顔効果も得られるのも特徴です。

 

テスリフトは1か所の孔から1本ずつ挿入し、糸を切ることなく折り返して挿入します。

 

 

“テスリフト”は、とても強いリフトアップ力、その維持力が強みです。

一方、ミントリフトよりもダウンタイムが出やすく、皮膚や皮下脂肪の薄い部分には難しい場合があります。

 

 

 

2種類の糸を、ご希望やたるみの部位、皮膚の状態によって選択し、適した治療を行います。

 

機械などによるたるみ治療では物足りない方、しっかり効果を出したいという方には糸リフトがお勧めです。

 

ぜひ一度ご相談にいらしてください。

 

 

 

 

 

御茶ノ水の美容皮膚科・まぶたの治療ならお茶の水美容形成クリニック

日付: 2022年1月26日  カテゴリ:シミ外来, しわ外来, たるみ外来, 美容コラム

まぶたのたるみは気になりませんか?眉下切開について。

まぶたのたるみは気になりませんか?

 

本日は眉下切開についてご紹介いたします。

 

年齢とともに、まぶたの皮膚はたるみます。

上まぶたがたるむことで、視界が狭くなってしまったり、二重ラインがぼやけたり狭くなることもあります。

 

治療法は2種類あり、二重ラインで皮膚を切り取る方法、眉毛の下で皮膚を切り取る方法があります。

 

二重ラインで皮膚をとる方法では、二重をはっきりさせたい、幅広くしたいなどの方にはこちらがお勧めです。

まぶたの皮膚が薄い方にも良いかもしれません。

 

一方、二重ラインを派手にしたくない方、まぶたが厚ぼったい方には眉下切開がお勧めです。

 

いずれも余分な皮膚を切り取りますが、眉毛に近い皮膚はより厚みがあるため、たるみの改善効果が出やすく、また二重ラインを触らないため自然な状態でのまぶたの若返りが得られやすいです。

 

このような方に眉下切開がお勧めです。

 

✓若い頃よりも二重幅が狭くなってしまった

✓厚ぼったいまぶた

✓目尻に皮膚が覆いかぶさってしまっている

✓派手な二重にならないように、まぶたのたるみを改善したい

 

お若い方でも、元々腫れぼったいまぶたの方に適応となる場合があります。

 

手術は局所麻酔下で行います。

眉毛の真下の皮膚を余分な分だけ切り取り縫合します。

 

 

眉毛のラインに沿った傷跡が残り、数か月間は赤みを伴います。

最終的には、眉毛のラインに沿った白い線として残り、眉毛が少し細くなる場合もあります。

 

そのため、術後に眉アートメイクの併用もお勧めしております。

眉毛の太さや形を整えることができ、また傷跡をさらに目立ちにくくします。

当院ではアートメイク専門の看護師が、時間をかけて丁寧なデザインと施術を行います。

 

現在、期間限定キャンペーン中です。

 

 

【1~2月期間限定キャンペーン】

眉下切開 198,000円(通常料金は297,000円)

眉下切開+眉アートメイク3回セット 330,000円

 

この機会にぜひご検討ください。

御茶ノ水の美容皮膚科・まぶたの治療ならお茶の水美容形成クリニック

日付: 2022年1月19日  カテゴリ:たるみ外来, まぶた外来, 美容コラム

1月も中旬になりました。お疲れは溜まっていませんか?お勧めのマイヤーズカクテル点滴について。

新しい年が始まり、あっという間に1月も中旬です。

 

連休が明けてお疲れはたまっていませんか?

 

今日はそんな方にお勧めの点滴治療についてご紹介いたします。

 

マイヤーズカクテル点滴をご存じでしょうか。

 

 

こちらは、以下のような症状をお持ちの方にお勧めしております。

 

✓慢性疲労

✓倦怠感

✓うつ症状

✓片頭痛

✓アレルギー症状

✓肩こり、湿疹、不眠、気分のムラなどを含む不定愁訴

 

点滴の内容は、ビタミンB群(ビタミンB1.B2,B5.B6.B12)、ビタミンC、そしてカルシウムやマグネシウムを含んでいます。

 

体内で産生することのできないビタミンや不足しがちなミネラルを幅広く体内に取り入れることができます。

 

処置室で横になりリラックスしていただきながら、点滴の所要時間は30分前後です。

 

片頭痛持ちの私は、症状が辛い日には休憩時間を利用して、こちらを行っております。

スタッフ間でもとても人気のある点滴です。

 

お近くにお住まいの方、もしくはお勤めの方、ぜひお試しください。

 

寒い日が続きますので、お風邪など引かぬようお過ごしください。

御茶ノ水の美容皮膚科・まぶたの治療ならお茶の水美容形成クリニック

日付: 2022年1月15日  カテゴリ:シミ外来, しわ外来, たるみ外来, 美容コラム

目の下のクマ、気になりませんか?当院で人気のクマ治療について。

あけましておめでとうございます。

昨年7月に開院してから、とてもたくさんの方々にお越しいただきました。

皆さまにお会いできたことに、心より感謝申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ところで、目の下のクマを気にされている方はとても多いです。

下まぶたのクマ治療の一つ、脱脂(経結膜脱脂)手術について書かせていただきます。

 

目の下のクマには色々な原因がありますが、その中でも、眼窩脂肪が突出している方に適応となる手術です。

 

眼窩脂肪とは、眼球を守るクッションの様に、眼球の下で膜(眼窩隔膜)で囲まれた脂肪です。

下まぶたは、表面から薄い皮膚、そして目を閉じる筋肉である眼輪筋、これらの下にあります。

 

年齢ともに皮膚、眼輪筋とともに眼窩隔膜が緩むことで眼窩脂肪が前方へ突出し、それに伴いクマとして目立つようになります。

また、元々眼窩脂肪が多いタイプでは、お若い時からクマとして目立ちやすい方もいらっしゃいます。

 

手術方法は、当院HPより抜粋した図をご参照ください。

 

 

手術は局所麻酔下で行います。

下まぶたを裏返し、結膜に1~2㎝ほど切開して、余分な眼窩脂肪を摘出します。

結膜は自然に治癒しますので、縫合の必要は通常ありません。

 

手術時間は、1時間前後であり、術直後より目の下の膨らみの改善をご実感いただけます。

 

ダウンタイムは、目周りのため腫れ、場合によっては内出血が生じえるため、1~2週間となります。

 

脱脂手術の利点は、お肌表面に傷がつかないこと、そしてダウンタイムが比較的短いことが挙げられます。

 

目の下の皮膚自体のたるみが強い方には、皮膚を切除する必要がありますので、脱脂手術のみでは難しいことがあります。

また、頬の脂肪萎縮がある方には、術後に注入治療の併用が必要になることがあります。

 

クマが改善すると、お顔の印象は変わります。

 

 

気になっている方は、まずご相談にいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

御茶ノ水の美容皮膚科・まぶたの治療ならお茶の水美容形成クリニック

日付: 2022年1月7日  カテゴリ:シミ外来, しわ外来, たるみ外来, まぶた外来, 美容コラム

スネコスを新しく導入しました。自然な仕上がりが得られるアンチエイジング治療です。

 

新しく導入した注入治療 “スネコス” についてご紹介させていただきます。

 

 

まずは、こんな方にお勧めです。

 

✓お顔(おでこ、目周り、口周り)の小じわが気になる

✓目の下のクマが気になる

✓お肌のハリ艶が欲しい

✓ヒアルロン酸注入やボトックス治療に抵抗がある

✓自然な仕上がりでのアンチエイジングをしたい

 

スネコスの主成分は、非架橋結合ヒアルロン酸と6種類のアミノ酸です。

イタリアで開発され、これらの成分が国際特許取得の独自比率で配合されています。

主な効果は、お肌のコラーゲンとエラスチンの合成を促進することで、お肌のアンチエイジングを得ます。

 

コラーゲンとエラスチンは、皮膚の真皮層に存在するタンパク質の繊維成分です。

 

 

真皮層の大部分を占めるコラーゲン(膠原繊維)は、網目状に存在し、皮膚の強度となり形を保ちます。

一方、エラスチン(弾性繊維)は、コラーゲンを結び付け繋ぎとめ、ゴムの様に皮膚の弾力となります。

年齢とともにこれらは減少していき、お肌のハリや弾力が失われます。

 

スネコスは、コラーゲンとエラスチンの合成を促すことで肌質改善を行うため、自然な形でお肌のアンチエイジング効果を得る治療となります。

 

治療は1~2週間の間隔で4回繰り返していただき1クールとなります。

継続するために、2回目は半年後となります。

 

シンプルな成分組成の製剤であり、副作用も少ないと言われております。

 

自然な仕上がりを好む方にお勧めしたいアンチエイジング治療です。

目元や口周りの小じわが気になる方、お肌のハリ艶を出したいなど、

気になる方はぜひ一度ご相談にいらしてください。

 

 

 

 

 

御茶ノ水の美容皮膚科・まぶたの治療ならお茶の水美容形成クリニック

日付: 2021年12月28日  カテゴリ:シミ外来, しわ外来, たるみ外来, 美容コラム

ピコスポット?ピコトーニング?どちらを先にやったら良いですか?

こんにちは。

 

お顔の中に、複数の種類のシミ、そして色の濃さがそれぞれ違うシミが混在している方、とても多くいらっしゃいます。

 

当院ではピコレーザーを用いて

ピコスポット、ピコトーニングの2種類の治療を組み合わせます。

 

 

治療の順番を聞かれることがよくございますので、ご紹介いたします。

(シミの種類によって治療の違いはありますが、それはまた別で書かせていただきます。)

 

 

①最初に、シミ全体にピコスポットを照射する。その後、ピコトーニングを繰り返す。

ピコスポットにより薄くなったもう少しのシミ、もしくは反応しなかった薄いシミ、そして生じた色素沈着などをピコトーニングで薄くしていきます。

色形がしっかりしているシミが多い方、そして、最初のダウンタイムが許容できる方にお勧めです。

 

 

②まず始めにピコトーニングを繰り返します。

全体のシミくすみを改善させた後、残ったシミにピコスポットを行う。

元々のシミが薄い方、またはダウンタイムをあまり好まず、時間をかけて治療ができる方にお勧めです。

 

 

③ピコトーニングを進めながら、ピコスポットを適宜追加する。

①と②の中間です。

色形がはっきりしたシミもあれば、薄いシミも混在している方、ピコスポットの反応や効果を見ながら少しずつ治療を進めたい方にお勧めです。

 

 

患者様の経過写真をご紹介させていただきます。

小さい頃からあるソバカスと、薄いくすみがお顔全体にあります。

 

 

こちらの患者様は③の方法を選択されました。

ピコトーニング3回、そしてその都度ピコスポットも少しずつ行いました。

シミ(そばかす)の改善だけでなく、スキントーンのアップが得られています。

1回1回の治療で効果をご実感していただき、しっかり通っていただくことができました。

お一人お一人に合った治療をご提供できたらと考えております。

 

 

 

 

 

御茶ノ水の美容皮膚科・まぶたの治療ならお茶の水美容形成クリニック

日付: 2021年12月22日  カテゴリ:シミ外来, しわ外来, たるみ外来, 美容コラム

頬の”たるみ毛穴”気になりませんか?お勧めの治療をご紹介します。

今年も残すところわずかとなりました。

年末年始のご予定はお決まりでしょうか?

 

当院は12月31日まで診療をおこなっております。

お肌を綺麗にした状態で、新しい1年を迎えるのはいかがでしょうか。

もしくは、普段は手の出ないようなダウンタイムのある治療も、お休み前に安心して受けていただけるかと思います。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

ところで、たるみ毛穴は気になりませんか?

 

たるみ毛穴は、頬の内側に多くみられる目立つ毛穴です。

老化や紫外線によるダメージにより、お肌のコラーゲン繊維などが減少して、ハリが失われることで生じます。

ご自身の手でお肌のたるみを引き上げると目立たなくなりませんか?

たるみ毛穴の治療でいらっしゃる方、とても多いです。

 

 

本日は“たるみ毛穴”の治療法についてご紹介いたします。

 

 

 

まずは、“ピコフラクショナル”です。

 

従来のフラクショナルレーザーは、お肌表面に傷をつけることで再生力を利用する治療のため、効果は高いですがダウンタイムも長いのが特徴です。

ピコレーザーによるフラクショナルは、皮膚深部に高密度のレーザーを照射し、熱により表皮内に空洞を形成し、その刺激によりコラーゲン産生を促します。

お肌表面には傷をつけないため、ダウンタイムも抑えられた治療となります。

繰り返すことにより、お肌のハリ、毛穴の引き締め以外に、小じわ改善などお肌の若返りを目的とした治療です。

照射による痛みと熱さを伴うため、通常は麻酔クリームを外用してから行います。

治療後は、当日もしくは数日間、赤みと腫脹を伴うことがあります。

治療頻度は1か月に1回をお勧めしております。

 

 

 

次に、ゼオスキンヘルスによるホームケアです。

 

主にビタミンAをお肌に取り入れることで、お肌の代謝を促し、健康的なふっくらとハリのある状態に導きます。

ほとんどの方がお肌にビタミンAは足りていません。

そのため、導入していただくと、お肌の変化をご実感していただけるかと思います。

導入により、皮むけ、痒み、赤みなどのA反応が生じえますが、ご使用いただく美容液や肌質など個人差があります。

皮むけなどを極力控えたい方、もしくは反応があっても効果を出したい方、美白もしたい方など、患者様の症状とご希望に合わせて美容液の組み合わせを選択します。

治療中は定期的に診察にお越しいただく必要がございます。

半年後、1年後の状態が楽しみになるようなホームケア商品です。

アンチエイジング治療としてもぜひご検討ください。

 

 

 

次に、“レーザーシャワー”です。

 

ロングパルスヤグレーザーの熱を、お顔全体にシャワーのよるに照射します。

炎をかざされているような感覚になるような熱さです。

そして、お肌の深部に熱が加わることで、コラーゲンなどの産生を促します。

繰り返すことで、お肌のハリが増し、毛穴の引き締めにつながります。

また、こちらは繰り返すことで、お顔の赤みにも効果があります。

治療頻度は1か月に1回となります。

お肌にしっかり熱が入ることにより、翌朝のお化粧乗りの良さからご実感いただけると思います。

 

 

 

そして、他にもお勧めの“たるみ毛穴”の治療があります。

次回にわけてご紹介させていただこうと思います。

寒くなってきましたので、体調にお気をつけてお過ごしください。

 

 

 

 

 

御茶ノ水の美容皮膚科・まぶたの治療ならお茶の水美容形成クリニック

日付: 2021年12月3日  カテゴリ:シミ外来, しわ外来, たるみ外来, 美容コラム

お顔のたるみ、気になりませんか?糸リフトのご紹介です。

こんにちは。

今年も残りあとわずかになりました。

7月に開院してから、たくさんの方々にお越しいただき、心より感謝申し上げます。

 

ところで、お顔のたるみは気になりませんか?

 

 

ほうれい線やマリオネットライン、頬やフェイスラインのたるみなど。

 

美容治療を始めたばかり、針や注射による治療に抵抗がある、

ダウンタイムがとれない方には、まずHIFU(ハイフ)をお勧めしております。

ハイフは、超音波の熱をお顔に深部に集中的に照射し、

たるみを改善し、引き締める治療です。

施術による痛みは多少ありますが、ダウンタイムはほとんど伴いません。

 

しっかり効果を出したい、針や注射による施術でも大丈夫、

多少のダウンタイムは許容できるという方には、やはり糸リフトがお勧めです。

 

たるみが気になる部分に数本の吸収糸を挿入して、

皮下組織を引き上げることによりたるみを改善します。

施術直後より,効果をご実感いただけるたるみ治療にです。

 

当院で使用しているのは、ミントリフトⅡという糸です。

 

 

糸の素材は、PLLA(ポリ乳酸)とPCL(ポリカプロラクトン)の混合素材です。

従来のPDO(ポリジオキサノン)素材では吸収される期間が

12か月であったのに対し、18か月まで延長されました。

つまり、より長く効果が持続するようになっております。

 

糸の構造ですが、コグ(トゲの様な状態)が並んでおり、

糸に対して360度方向にらせん状についています。

糸の先端部にコグが並び、そして少し間隔を開けてから、逆方向に向かうコグが並んでいます。

つまり、挿入された糸がコグによりしっかり皮下組織に絡みついて組織を引き上げ、

さらに逆方向のコグにより組織を引き上げた部位で固定するという仕組みになっています。

 

施術は、糸を通す部位に局所麻酔をしてから行います。

通常は、頬の外側(こめかみの近く)に1か所ずつ孔をあけて、そこから糸を複数挿入します。

症状により糸の本数を選択しますが、やはり本数が多い方が効果は出やすくなります。

ダウンタイムは数日~1週間、お顔の腫れ、違和感、表情による痛みなどが生じます。

より効果を持続させるために、ハイフを併用していただくことをお勧めしております。

 

 

しっかりと効果を出したい方には糸リフトをお勧めしております。

気になる方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

 

 

御茶ノ水の美容皮膚科・まぶたの治療ならお茶の水美容形成クリニック

日付: 2021年11月28日  カテゴリ:シミ外来, しわ外来, たるみ外来, 美容コラム

年末の大切なイベント前に、美容治療しませんか?

こんにちは。

年末に近づいてきました。

 

何かとイベントが増える時期です。

大切な方とのデート、久しぶりに会うご友人との集まり、

そしてお仕事での重要な会食など、気合が入りますね。

 

本日は、イベント前にお勧めの美容治療をご紹介いたします。

 

 

まずは、切らないフェイスリフト“ハイフ”です。

超音波の熱でお顔のリフトアップやたるみを改善させる治療です。

超音波の熱をお肌の狙った層に集中照射します。

組織の熱ダメージにより修復機能が働き、コラーゲンの産生が促されることで、

引き締め効果によるたるみの改善が得られます。

頬のたるみ、フェイスラインのもたつきが気になる方には、ぜひお勧めです。

直後にも効果をご実感される方もいらっしゃいますが、効果が最も現れる1か月前がお勧めです。

 

 

 

次に、次世代型ヒアルロン酸製剤“プロファイロ”です。

ハイブリッドヒアルロン酸製剤を、お顔もしくは首の10か所に、製剤を1本(2ml)注入します。

注入されたヒアルロン酸がゆっくりと拡散し、老化により崩れた皮膚の細胞構造をリモデリング(再構築)し、お肌自体の若返りを得る治療です。

お肌のハリ艶、ボリュームを出したい方にお勧めです。

自然なリフトアップや小じわ改善が得られるアンチエイジング治療です。

ダウンタイムは注入部位が数日間、膨隆します。

初回は1か月間隔で2回行い、それ以降は半年毎となります。

 

 

 

そして、年末キャンペーンのメニューです。

 

透明感アップコラボ“ハイドラフェイシャルとエレクトロポレーションのセット治療”です。

ハイドラフェイシャルでは、水流とバキュームの力で古い角質や余分な皮脂、

毛穴の皮脂や汚れをしっかり除去する治療です。

ピーリング剤の導入も行うため、お肌は滑らかになります。

その後、エレクトロポレーションでは、電流を流しながら、

お肌に美容液をしっかり導入します。導入剤はヒアルロン酸が主成分となりますので、

ふっくらハリのあるみずみずしいお肌になります。

2つの治療を重ねるため、効果もより一層期待できます。

それぞれダウンタイムのほとんどない治療ですので、大切なイベント直前にも安心して受けていただけます。

 

大切なご予定の前に、ケアしたい方はぜひ一度ご相談にいらしてください。

御茶ノ水の美容皮膚科・まぶたの治療ならお茶の水美容形成クリニック

日付: 2021年11月22日  カテゴリ:シミ外来, しわ外来, たるみ外来, 美容コラム

アンチエイジングには欠かせないボトックス治療。ボトックス製剤の種類について。

こんにちは。

年末のイベントが多い時期に向けて、気になるシワの治療をしませんか?

 

ボトックス治療は効果がわかりやすく、アンチエイジングにはかかせない治療の一つです。

 

 

本日は、当院にご用意しております4種類のボトックス製剤についてご紹介させていただきます。

 

①ボトックスビスタ

アメリカ、アラガン社製品となります。

日本の厚生労働省から認可されている唯一のボツリヌス毒素製剤です。

アメリカFDAの承認の他、世界80カ国以上で使用されており、

効果や安全性が確立されています。

お顔の細かい部分の治療、そして初心者の方には、こちらがお勧めです。

1部位(エラなど除く)16,500円となります。

 

②ニューロノックス

韓国メディエックス社製品です。

アラガン社ボトックスビスタのジェネリックに該当します。

韓国のKFDA、そして27カ国での販売承認を得ています。

日本では未承認製品として10年以上の使用実績があります。

ジェネリック薬品のため、料金がお手頃です。

エラ、肩、多汗症など多めに使用する場合にはこちらもお勧めです。

  50単位11,000円となります。

 

 

ボトックス治療は、アンチエイジングに欠かせない治療となりますが、

効果が3か月~半年となりますので、継続して行いたい治療です。

しかし、治療をあまりにも頻繁に行ったり、毎回多量に使用していると、

体内に抗体が産生されることで耐性がつき、どの製剤を使用しても効果が得られなくなってしまいます。

今後もしっかり治療を継続したい方には、以下の2つの製剤もお勧めさせていただいております。

 

③ゼオミン

ドイツ、メルツ社製品です。

アメリカFDA、ヨーロッパCE、韓国MFDSから承認を得ています。

抗体産生の原因となる複合タンパクを含まないため、抗体が生じにくくなります。

この製剤でしたら、ご心配なく短期間での治療を繰り返すことができます。

1部位(エラなど除く)27,500円となります。

 

④コアトックス

こちらもニューロノックスと同様に韓国メディエックス社製品です。

次世代ボツリヌス毒素製剤と言われています。

抗体産生のリスクとなりうる複合タンパク質を含みません。

さらに安定化剤としての人由来、動物由来物質も含まないため、

アレルギー反応やそのほかのリスクが軽減されます。

50単位17,600円となります。

 

治療する部位や必要量、そしてご予算に合わせてお選びいただけます。

ご興味のある方は、ぜひ一度ご相談にいらしてください。

 

 

 

 

 

御茶ノ水の美容皮膚科・まぶたの治療ならお茶の水美容形成クリニック

日付: 2021年11月11日  カテゴリ:シミ外来, しわ外来, たるみ外来, 美容コラム

CONTACT

治療などのご相談はこちら

お問い合わせ

お電話からのご相談・ご予約はこちら

03-6811-7148

24時間対応オンライン予約はこちら

WEB予約

当院の公式LINEはこちら

LINE簡単予約
お茶の水美容形成クリニック

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-2-4
MPR御茶ノ水駅前ビル9階

JR御茶ノ水駅・聖橋改札出口から徒歩1分