お肌の診断 公式ライン
(03) 6811-7148 WEB予約 お問い合わせ 施術ご検討中の未成年の方へ

DOUBLE二重術(眉下切開法)

眉下切開法とは

やったという印象を与えることなく、雰囲気を変えずに自然な印象で、二重瞼の幅をそれとなく広げたい、といった方にお勧めの方法です。眉毛に沿って、眉下の余った分厚い皮膚を切り取ることにより、まぶた全体のたるみや厚ぼったさを改善し、二重の幅を広げます。

眉下切開法

眉下切開法の特徴

キズも眉毛に沿って切り、また極細の溶ける糸で皮膚の内部を縫い合わせ(真皮縫合)、さらに皮膚同士を念入りに縫い合わせますので(上縫い)目立つことはありません。

ダウンタイム

ダウンタイム自体も二重のラインに沿って切る切開二重よりも短い傾向にあります。抜糸を術後1週間で行います。
また、手術後も徐々にまぶたの形が変わってくる場合があります。これは癒着や拘縮による微妙な変化が原因で起こることもあれば、最後まで残っていたわずかなむくみがとれてスッキリと変わってくることもあります。

そのため当院では手術から1か月後、3か月後、6か月後と経過を見るために受診していただくことをお勧めしております(もちろん絶対というわけではございません)。

こんな方におすすめ

切開二重術と眉下切開の違い

二重のラインに沿って切る
切開二重術の場合

ダウンタイムは1-2週間程度、時間とともに少しずつ二重の形も変化する

眉下切開の場合

まぶたの皮膚は眉毛の下が一番分厚く、目元に行くほど薄くなるので、切開二重で余っている皮膚をとりすぎてしまうと、分厚い皮膚だけが残り、不自然な印象のする二重になることがあります。眉下切開の場合ですと、眉毛の下の分厚い皮膚のみを切除し薄い皮膚を残すので、自然な印象を与えやすいというのが特徴です。

眉下切開術:手術内容

眉下切開術:手術手順

施術の流れ

眉下切開法

ダウンタイムについて

手術から2-3日後がピークであり、むくみや内出血で青くなりやすいです。1週間経ちますと、内出血は吸収され黄色くなり、泣き腫らした程度の腫れが残っている場合が多いです。術後1週間で外出してもほぼ問題のないレベルに落ち着きます。術後1か月でほぼ腫れはなくなります。その後もごく軽度の変化が徐々にあり、術後6カ月でほぼ完全に安定します。そのため術後も定期的に診察させていただくことをお勧めしております。

合併症・リスクなど

眉下切開 料金表

全て税込・麻酔料込の価格となっております。

通常料金

金額 264,000円

モニター価格

金額 198,000円

CONTACT

治療などのご相談はこちら

お問い合わせ

お電話からのご相談・ご予約はこちら

03-6811-7148

24時間対応オンライン予約はこちら

WEB予約

当院の公式LINEはこちら

LINE簡単予約
お茶の水美容形成クリニック

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-2-4
MPR御茶ノ水駅前ビル9階

JR御茶ノ水駅・聖橋改札出口から徒歩1分