お肌の診断 公式ライン
(03) 6811-7148 WEB予約 お問い合わせ 施術ご検討中の未成年の方へ

PTOSIS眼瞼下垂症手術(挙筋前転)

眼瞼下垂症手術(挙筋前転)とは

単純に二重のラインを作るだけでなく、目の開きを良くすることでぱっちりとした印象にする手術です。従来の切開二重術は、まぶたの皮膚を切り、下の組織と固定するだけですが、眼瞼下垂症手術(挙筋前転)は、それだけでなくまぶたを引き上げる筋肉にも糸をかけることで、強化・前転し、目を開いた際にキュッとまぶたが上がるようにします。

眼瞼下垂症手術

このようなお悩みはありませんか?


  • ・徐々に目の開きが悪くなって眠たい印象を与えていた
  • ・まぶたが視界を遮るようになってきた
  • ・まぶたが重たい感じがする
  • ・おでこの力で眼を開いていたのでおでこにしわができるようになった
  • ・目を無理やり開けようとして頭痛や肩こりもする

このようなお悩みをお持ちの場合は、眼瞼下垂症手術(挙筋前転)で改善が期待できます。
もちろん切開しますので、同時に二重のラインを作ったり、厚ぼったいまぶたの方には眼窩脂肪や眼輪筋、ROOFの切除も同時に行うことができます。

術後について

抜糸を術後1週間で行います。また、手術後も徐々にまぶたの形が変わってくる場合があります。これは癒着や拘縮による微妙な変化が原因で起こることもあれば、今までおでこの力を使ってまぶたを上げていた方ですと、その力を使わなくて済むので、おでこの皮膚が伸びてその分まぶたに皮膚がかぶさって後戻りしてしまうこともあります。そのため当院では手術から1か月後、3か月後、6か月後と経過を見るために受診していただくことをお勧めしております(もちろん絶対というわけではございません)。

眼瞼下垂とは?

単純に一重まぶたなだけではなく、まぶたを上げるための筋肉が緩んでしまうことで、まぶたが黒目にかかってきている状態を眼瞼下垂といいます。元々先天的に眼瞼下垂の方もいますが、年齢とともに徐々にまぶたが黒目にかかり、後天的に眼瞼下垂となる方が大半です。

眼瞼下垂の方は、まぶたが重たい感覚があったり、あごを上に向けて見下ろすようにものを見る癖ができたり、眉毛やおでこを上げてまぶたを上げようとするのでおでこにしわができたり、頭痛や肩こりが生じたり、様々な症状を伴う場合が多いです。まぶたがどの程度黒目にかかっているかで重症度が変わってきます。黒目の中心部(光が反射して輝いている部分)からまぶたの縁がどの程度離れているかで、眼瞼下垂の手術(挙筋前転)をどこまでしっかりやる必要があるか、判断させていただきます。

また、挙筋機能と言って、上を見た状態から下を見た状態のまぶたの動きを計測し、挙筋前転で本当に症状が改善するかも検討します。挙筋機能が弱く、挙筋前転だけではまぶたの開きが良くならない可能性がある場合、まぶたの瞼板という組織を人工物(ゴアテックスなど)や大腿筋膜で前頭筋につり上げる方法で改善を図る可能性があります。この場合は近隣大学病院などに紹介させていただきます。

当院における眼瞼下垂症手術
(挙筋前転)の特徴

眼瞼下垂症手術

手術内容

ほとんどの場合、二重のラインを作り直すために全切開での手術となります。元々の二重のラインがしっかりしている方には、部分切開で行うことがあります。また、二重の作り方については、皮下の眼輪筋と前転した挙筋腱膜の断端とを縫い合わせることで自然な二重を作ることが多いです。

くっきりとした二重を希望される場合、皮膚と皮下の瞼板と呼ばれる組織を縫い合わせることでしっかり二重を作ることも可能です。尚、ミュラー筋と呼ばれる、挙筋腱膜よりもさらに深い場所にある筋肉(この筋肉もまぶたを上げる役割があります)については、操作を加えると自律神経障害などの体調不良が生じる可能性がありますので、当院では手を加えることはありません。

眼瞼下垂症手術(挙筋前転)
手術内容と手順

*デザインや挙筋腱膜の固定位置の調整のために複数回操作を繰り返すことがあります。患者さんは術中、基本的に寝たままの状態ですが、調整のために座っていただく場合もあります。

施術の流れ

眼瞼下垂症手術

こんな方におすすめ

ダウンタイムについて

手術から2-3日後がピークであり、むくみや内出血で青くなりやすいです。1週間経ちますと、内出血は吸収され黄色くなり、泣き腫らした程度の腫れが残っている場合が多いです。術後1週間で外出してもほぼ問題のないレベルに落ち着きます。術後1か月でほぼ腫れはなくなり、二重の状態も落ち着きシュッとした印象になります。その後もごく軽度の変化が徐々にあり、術後6カ月でほぼ完全に安定します。そのため術後も定期的に診察させていただくことをお勧めしております。

合併症・リスクなど

眼瞼下垂手術 料金表

全て税込・麻酔料込の価格となっております。

通常料金

保険適応となる場合 45,000円(3割負担の場合)
美容手術の場合 495,000円
+ROOF・眼窩脂肪切除 88,000円

モニター価格

美容手術の場合 308,000円
+ROOF・眼窩脂肪切除 66,000円

CONTACT

治療などのご相談はこちら

お問い合わせ

お電話からのご相談・ご予約はこちら

03-6811-7148

24時間対応オンライン予約はこちら

WEB予約

当院の公式LINEはこちら

LINE無料相談
お茶の水美容形成クリニック

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-2-4
MPR御茶ノ水駅前ビル9階

JR御茶ノ水駅・聖橋改札出口から徒歩1分